フォトブックの作成方法とは

カメラを持っていなくても今はスマートフォンなどで手軽に写真を撮ることができます。そのため保存したままだったり、見返す機会がないという人も多いです。そのようなときにはパソコンやスマートフォンを使ってフォトブックをつくることをおすすめします。撮影した写真の中から残しておきたい写真を選びます。ただ選ぶといっても厳選していくと時間も労力もかかるものですが、時間も労力もかけず自動で写真を選択してくれる機能があるなど、フォトブックは手軽に完成させることができるのです。

作成方法はフォトブックや写真のプリントを扱っている店舗で一冊から作ることができるほか、スマートフォンやパソコンから注文することも可能です。文字入れやスタンプなども手軽に選択できるほか、写真を選択しなくてもアプリを使うことにより、撮影時期やブレていない写真を自動で選択してくれる自動レイアウトを活用する方法もあります。店頭ではUSBメモリーやCD、SDカードなど撮影済みのメモリーカードやスマートフォンを持ち込みます。

種類や価格などシーン別のフォトアルバム

フォトブックの種類は多岐にわたりすぐ作成可能なミニフォトブックや、結婚式やお宮参りなど大切なシーンにハードカバーを使う人もいます。センターがフラットになるフォトブックや、ソフトカバーを採用したカジュアルなもの、糸綴じの製本方法を採用したものものなどがあり、価格はフォトブックのタイプや大きさ、ページ数などにより異なります。価格も様々で千円台から作成できるものもあり、作成方法により異なるので事前に確認することをおすすめします。結婚や出産、子供の成長などそれぞれのシーン別のアルバムを作成する人も多いです。

写真は撮るけれどデータのままでほとんど見返さないという事は多いです。フォトブックに仕立てておけばふとした時に手に取って楽しむことができます。